未分類

33年の夢、続きの続き

やっと最後の記事です。

3本全部読んでくれている方、ありがとうございますm(_ _)m

2020年5月16日に治療家を引退しますという宣言と、そこに至る経緯を書いてきました。今回はこれからのことを書いていきたいと思います。

基本的に僕のやることは全て、ブログのタイトルにもなっている『世の中を良くする人を良くする』という行動理念に基づいてきました。

一応言葉での解説を書くと、ここでいう『世の中』とは現世のことで、『世の中を良くする人』とは情報量を増やす人で、『人を良くする』とはその人の精神世界と物質世界の情報の行き来をスムーズにすることです。

つまり世の中を良くする人を良くするとは、

 

現世の情報量を増やす人の精神世界と物質世界の情報の行き来をスムーズにする。

 

 

解説したら余計わかりにくくなった。笑

あまり深く考えず『世の中を良くする人を良くする』でいきましょう。

 

そして今年に入ってから『優しさをDNAに刻み込む』という2つ目の行動理念が言語化されました。

次の時代を創ろうとしている日本の20,30代の優しさの欠如がヤバイと感じていて、これがあまりにも行き過ぎると文明が滅びるのかなぁ…と感じてます。ならば勝手に優しさを育んでしまおうということで。

手紙に電話にインターネット、人間が発明した情報の伝達手段は色々ありますが、最強の情報伝達手段は細胞内の遺伝子を使った遺伝です。血の繋がりが途切れない限り情報は必ず伝達されるので、遺伝子は大切な情報を保管する場所として最適です。

遺伝子には「繰り返し受け続けた情報」「感情が大きく動いた情報」が重要な情報として刻み込まれ、受け継がれます。

知能も身体能力も性格も遺伝するので、もちろん優しさも遺伝します

ということで、優しさをDNAに刻み込むとは

 

DNAに刻み込まれるほどの優しさに触れる機会を生み出す。

 

うん、これはわかりやすい。

 

前回の記事で書いた『ある1点を目指す』は行動のエネルギー源。

『世の中を良くする人を良くする』『優しさをDNAに刻み込む』は行動の是非を知るための基準。と表現すれば良いんでしょうか。

(全然関係ないですけど是非(zehi)って発音カッコいい)

ここまで書いたら具体的なアクションは書かなくてもいいかなと思っちゃってますが、散々前振りしてるので書きます…笑

読みやすくまとめるために過去の活動には触れず、今と未来のみに絞って書いていきます。

まずは色んな人と一緒にやるシリーズ。

①『ちいさいおかあさん』

大学生が一般家庭にちいさいおかあさんとしてお邪魔し、子供の相手やお母さんのお手伝いをします。基本的にお金は発生しません。大きな目的は優しさをDNAに刻み込むこと。小さな目的は家も学校も関係ない相談相手を子供に与えること、実親以外に相談できる母親を大学生に繋ぐこと、母親の日常の負担を減らすことです。これはもう実験段階を終えてスタートしているので、お母さんと大学生を募集中です。これは株式会社やNPOなどの形はとらず、文化にしていきたいと考えています。

②『What Is Health』

世界に散らばる様々な医療・健康の形を取り上げるメディア(?)を作ります。4年前にアメリカで撮影を行い、まだ映像化できていないものもやっとここで形にしたいと思ってます。自分のことを治療家だと思い込んでいるうちはこれができなかったので、引退を決めた今年の春から一気に流れが動き出しました。目的は境界を超える療従事者を育てることです。

ある程度大きくてわかりやすいのはこの2つ。

僕は全くもってエネルギッシュな起業家タイプじゃないので、基本的に縁があった人たちの悩み相談からこういうものが生まれます。ちいさいおかあさんもWhat Is Healthも、患者さんや大学生と話していて自然に生まれました。

昨年末から東京に拠点を作ろうと動いていたのですがどうにも流れが悪く、これは何かが違うなと。東京で場所を維持するのにかかるお金や時間を、ちいさいおかあさんを始めとする他のことに費やした方がいいと感じ、そうしています。

他には、匿名でやっていることも2つ。これらは匿名であることに意味があるのでずっと内緒です。

続いて個人の活動。

個人の活動は、ほぼこれまで通りです。そんなに特別なことはありません。

ざっと並べると、

・治療する
・喋る
・書く
・相談にのる
・教えたり
・育てたり
・ご飯作ったり
・何か作ったり
・ワークショップしたり

などなど。要はやれること全部ですね。

書くことと喋ることが増える気がしてます。

治療家をやめると決めたら、やっと治療に関する文章が書ける気がしてきました。

先月ベルリンでやった Tea&Acupuncture(日本茶と鍼と瞑想のワークショップ) も好評で、ベルリンのすっごいオシャレなアパレルのお店から「うちでやって!!」と連絡がきました。超ダンケシェン。

現在拠点は名古屋ですが、近いうちに拠点もベルリンになる気がしてます。

ベルリンが肌に合いすぎて、しょっちゅうベルリンの夢を見てます。

ちなみに現在、(ほぼ)毎月滞在している街は東京、名古屋、京都、沖縄。そして季節に1度ベルリン。他の都市は呼んでもらったり、行きたくなったら行っています。

引き続き、必要とされればどこにでも現れますm(_ _)m

はい!

ということで改めまして、2020年5月16日に治療家を引退するというお知らせでした。

長い長い文章に最後までお付き合いいただき、ありがとうございましたm(_ _)m

まだあと1年は治療がメインなので、引き続きよろしくお願いします。

区切りを決めたことで治療のエネルギーは満たされているので、新しい患者さんご紹介いただいても大丈夫です!

 

関連記事

  1. 未分類

    33年の夢

    2019年5月16日で32歳になりました。やっと32歳。…

  2. 未分類

    33年の夢、続き

    前回の記事の続き。※今回の記事は難解です。全部理解できなくても…

最近の記事

TEDxTokyo yz

TEDxAnjo

EVERNOTEインタビュー記事

MISFITインタビュー記事

PAGE TOP