その他

音楽は聞くもんじゃない、浴びるもんだ!!

音楽は世の中を良くする。

1つの音楽がきっかけで人生が良い方向に変わったというストーリーは沢山聴くけど、悪い方向に変わったというストーリーは聞いたことがない。

人を貶める音楽が影響力を持たないのは面白い。(HUNTER×HUNTERの闇のソナタ除く)

僕は10代の頃にJason Mrazから影響を受けまくり、10年間以上毎日Jasonの音楽を聴き続けた。移動中も仕事中も、常に彼の音楽を聴いていた。

彼の音楽が醸し出すユーモラスでピースフルな空気感からは、確実に良い影響を受けている。ジャンルに囚われない考え方も彼からの影響が大きい。(彼はライブでポップ、ラップ、ラテン、オペラ、音楽ならなんでもやる)

音楽に良い影響を受けるといえば、よく野菜を育てる時に音楽を聴かせると美味しくなると聞く。既に実験によって実証された事例も沢山あり、知り合いの農家さんは元バイオリニストで、畑の野菜たちに自分のバイオリンの演奏を聴かせている。きっと収穫された野菜たちの味はストラディバリウス。

野菜がバイオリンの音色を受け取るように、人間も様々な音色を受け取る。

例えば木は人間の可聴域(聞こえていると認識できる範囲)の範囲外にある音を発し続けていて、僕たちが認識できなくても確実にその音をキャッチしている。森を歩くと気持ちが良いのは、木が発している音を脳が認識してリラックス状態になるからだそう。

さらに人間は耳だけでなく皮膚でも音(振動)を感じるということがわかっていて、「音を全身に浴びる」なんていう表現はとても正しい。

僕たち人間は、可聴域を超える音は肌身で感じている。だからiPhoneからヘッドフォンを通じて聴くデータ音源と、生のライブ会場での音は全く同じメロディーをなぞっていたとしても全く異質なものになる。そもそもレコーディングした音をデータ化する時に、可聴域外のデータは全てカットしてしまうらしい。だからどうしてもシャカシャカした感じの軽い音になってしまうとのこと。

ライブ会場では音を全身に浴びながら、憧れのアーティストに会えた喜びを感じ、趣味の合う仲間と楽しい時間を共感する。ただでさえ素晴らしい音楽に様々な要素が重なって幸福感がより増幅する。

せっかく浴びるなら、良い音を浴びたいよね。

関連記事

  1. その他

    みんな好きなカレンダーを選んで生きたらいいと思う。

    1年は31,536,000秒1年は525,600分1年は8,760…

  2. その他

    KAGARIBIで焚き火。

    焚き火ってイイ。火の揺らめきって人の心を癒す。動物的本能では火に危…

  3. その他

    やっと直った…

    今年に入ってから毎日更新していたこのブログ。慣れないサーバーの…

  4. その他

    インスタ映えするヘアースタイルはこれだ!

    気づいてしまった。facebook・Twitter・insta…

  5. その他

    物事は螺旋状に進化する

    数年前にこの映像を初めて見たとき、ハッ!!とした。…

  6. その他

    ダッ!!

    なんと、ミュージカルで主演を務めることになった(夢で)東京の小さな劇…

Sponsored Link




最近の記事

TEDxTokyo yz

TEDxAnjo

EVERNOTEインタビュー記事

MISFITインタビュー記事

PAGE TOP