思考

人類を進化させる地球最大規模の賞金レース。XPRIZE。

人類が抱える問題を解決するための賞金レースを開催するXPRIZE財団

日本では史上初の民間月面探査を目指すHAKUTOが有名。

HAKUTOが参加している賞金レースは『Google LUNAR XPRIZE』という、宇宙開発に関するレース。

Google LUNAR XPRIZEHAKUTOが挑戦するミッションはこれ!

HAKUTOwebサイトから拝借

賞金総額はなんと3000万ドル。(日本円で約33億円!!)

HAKUTOを含む全33チーム参加でスタートしたレースも、2017年には5チームまで絞られ、HAKUTOもいよいよ20183月末に打ち上げという段階。

ところがここにきて、HAKUTOの月面探査ローバー「SORATO」が搭乗する予定だったインドの『TeamIndus』と『インド宇宙研究機関(ISRO)』の契約解除が発表されました。

リーダーの袴田さんの会見はこちら

 

袴田さんも語っているように、HAKUTOは引き続き打ち上げに向けてプロジェクトを進めていきます。

HAKUTOを応援したい方はこちらからHAKUTOサポーターになることができます

夢と希望が詰まったプロジェクト。引き続き応援します!

XPRIZEで現在開催中の賞金レース

現在Google LUNAR XPRIZE以外にもXprize財団が開催している賞金レースはこんな感じ。

WOMES SAFETY XPRIZE
女性が安全に暮らせる(襲われない)ために何か作ろう

SHELL OCEAN DISCOVERY XPRIZE
すっごい海底の地図作ろう

IBM WATSON A.I. XPRIZE
AIを最大限生かす方法考えよう

GLOBAL LEARNING XPRIZE
世界中の子供が勉強できる方法考えよう

はいワクワクが止まらない(())

興味がありそうな分野、自分の専門分野のレースを見つけて、参加チームの動向を追いかけるのも楽しいですよ!

日本語のページがないので、英語苦手な人はGoogle翻訳に依存しましょう。

 

映画「アバター」の世界が現実に

そしてANAが発表したレースがかなりココロオドル。

ANA AVATOR XPRIZE

宇宙空間や限界地域。人間が生身で立ち入るには危険度や費用が高すぎる所にはアバターを送り込めばいいじゃない。ということ。身体感覚をシンクロさせて、特殊技能を持つ人間がアバターを遠隔操縦する。夢がすごい。操縦したい。最高。

 

このXprize財団に関わる人はもちろん、地球規模の問題解決に本気で取り組んでいる人たちは、話していて気持ち良い人がすごく多い。

多いというか、これまで出会った人は全員そんな感じ。笑

頭良くて性格良くて目がキラキラしてて、どこか変態。そんな人ばかり。

話を聞いてるとこっちがワクワクしてくるし、誰かにその話を伝えたくなる。

チャレンジの規模が大きいだけに計り知れないプレッシャーもあるだろうけれど、それ以上の希望と、可能性を信じる気持ちが伝わってくる。

今から20年も経ったら世界はどう変化してるんだろう。

戦争で滅びてませんよーに。笑

関連記事

  1. つぶやき

    本音に気づいて純粋に表現=楽

    相手に伝わるのは言葉じゃなくて状態。最近、この言葉が頭の中でずーっと…

  2. 思考

    専門家ほど発言に気を使ってしまう問題多発中

    身体や健康に関する情報発信が全然できない。14歳から身体の勉強を始めて…

  3. つぶやき

    ハプニングに遭遇した時にその人の思考は色濃く出る。

    人は常に準備ができている。例えば人混みの中で前から歩いてくる人…

  4. つぶやき

    ケリーさんとワッツさんにぜひビールをおごりたい。

    ニュージーランドでの年末年始のビーチでの飲酒禁止に対して、イイ感じに抵…

  5. 思考

    俺についてこい。見捨てないでくれ。

    あなたは人を【助ける側】ですか?【助けられる側】ですか?と問われて…

  6. 思考

    過去も未来も存在しない。今を生きる部族ピダハン。

    物心がついてから今まで、一人称の意味がよくわからない。一人称は自分が…

Sponsored Link




最近の記事

TEDxTokyo yz

EVERNOTEインタビュー記事

MISFITインタビュー記事

PAGE TOP